医療学生のためのオンライン医学辞典サービス

上腕三頭筋(Triceps brachii) / 概要・起始停止・支配神経・運動

上腕三頭筋の概要

上腕三頭筋は上肢の上腕部後面に付着している筋肉である。その名の通り3つの筋腹があり、長頭・外側頭・内側頭が集まっている。肘関節の運動に大きく関与しており、肘を伸ばす(伸展の動作で緊張が高まる。腕立て伏せにおいては、沈み込んでから元の位置に戻る際、肘を伸ばす運動で最も強く働いている。肘関節は完全伸展時にロッキングが働くため、このロッキングが働いている間は上腕三頭筋が肘伸展に強く関与しているわけではない。重い手提げ袋を手で持つ際、肘を伸ばしているのにもかかわらず上腕三頭筋が柔らかい(=働いていない)のはこのロッキングが原因である。肘関節のMMT(徒手筋力検査)においてはロッキングがかからないよう、肘を完全伸展位にしないよう注意が記載されている。肘関節の屈曲作用がある上腕二頭筋とは拮抗筋の関係である。

 

上腕三頭筋の起始・停止・支配神経・運動

上腕三頭筋の起始部・停止部・支配神経・運動は以下のようになっている。

起始

長頭:関節下結節(肩甲骨)

外側頭:上腕骨の後面(ほぼ長頭と同じ高さ)

内側頭:上腕骨の後面(上腕骨の1/2位の高さ。具体的には橈骨神経溝の下)

停止

肘頭

支配神経

橈骨神経

髄節:C6-8

運動

肘関節の伸展・肩関節の伸展(長頭のみ)/内転

人気のコンテンツ

筋萎縮性側索硬化症
筋委縮性側索硬化症/ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis)は、運動神経のみの変性が特徴の疾患である。脊髄の側索および前索が主な変性・萎縮箇所であり、病変部位に応じた症状が出現する。(側索には錐体路、前索には下位運動ニューロンが通っている)これらの特徴より、筋萎縮性側索硬化症(ALS)では運動機能の障害は見られるものの、自律神経機能の障害は生じないことが大半である。
下腿切断
下腿切断とは膝関節裂隙以下レベル~足関節レベルまでの間で下肢を切断することを指す。下腿切断においては切断面を下腿三頭筋で覆うことから、伸張されることが原因で高緊張状態になりやすい。そのため、膝関節の屈曲拘縮を合併することが多い。術後早期からの拘縮予防としてリハビリテーションが実施され、装具の適応が検討される。このコラムでは足部義足もあわせて紹介する。
大腿切断
大腿切断は、何らかの原因により膝よりも上部で下肢を切断することである。股関節離断や骨盤離断では予後の活動性に乏しいが、大腿切断に関しては義足の装着によって高い活動性の確保が期待できる。切断部は生理的な緊張を保つような形で縫合が行われ、これにより適度な循環が確保される。加えて、各筋の等尺性収縮が可能になるため、ソケットでの懸垂が容易になる。
大腿切断
大腿切断は、何らかの原因により膝よりも上部で下肢を切断することである。股関節離断や骨盤離断では予後の活動性に乏しいが、大腿切断に関しては義足の装着によって高い活動性の確保が期待できる。切断部は生理的な緊張を保つような形で縫合が行われ、これにより適度な循環が確保される。加えて、各筋の等尺性収縮が可能になるため、ソケットでの懸垂が容易になる。