医療学生のためのオンライン医学辞典サービス

"下肢の筋"のトピック一覧

大腿切断 概要 大腿切断は、何らかの原因により膝よりも上部で下肢を切断することである。基本的には骨盤の座骨結節よりも下のレベルで切断することを大腿切断と呼び、それ以上のレベルでは「股関節離断(座骨結節よりも高く大腿骨頭上部まで)」や「片則骨盤離断(大腿骨頭よりも高いレベル以降~仙椎まで)」などと呼ば […]

上腕骨の内側上顆・外側上顆・内顆・外顆をお探しの方はコチラ 大腿骨の概要 大腿骨(Femur/フィーマ)は、人体の下肢上部に位置している長管骨である。人間の骨の中では最も大きい骨であり、多くの下肢筋が付着している。大腿骨の骨頭部は骨盤と股関節を構成し、顆部(遠位端)は脛骨を膝関節を構成している。頚体 […]

関節運動の種類 人間のの身体は骨と筋肉によって構成されている関節を用いて様々な動きを行っている。人体には沢山の関節があり、それぞれが連動して動くことによってスムーズな動作を実現している。主な関節の運動には屈曲・伸展・内転・外転・内旋・外旋・回内・回外などがあり、基本的な運動方向は全関節を通して共通し […]

ハムストリングスの概要 ハムストリングスとは大腿部の後面に付着している筋群の総称である。具体的には「大腿二頭筋(だいたいにとうきん)・半腱様筋(はんけんようきん)・半膜様筋(はんまくようきん)」がハムストリングスに該当する。位置としては、外側から順番に「大腿二頭筋→半腱様筋・半膜様筋」となっている。 […]

下腿切断の概要 下腿切断とは膝関節裂隙以下レベル~足関節レベルまでの間で下肢を切断することを指す。下腿切断においては切断面を下腿三頭筋で覆うことから、伸張されることが原因で高緊張状態になりやすい。そのため、膝関節の屈曲拘縮を合併することが多い。術後早期からの拘縮予防としてリハビリテーションが実施され […]

大腿四頭筋の概要 大腿四頭筋は大腿部前面に付着している4つの筋肉を総称した名称である。具体的には「大腿直筋・中間広筋・内側広筋・外側広筋」が大腿四頭筋に該当する。主に膝関節・股関節の動きに関与し、大腿直筋に関しては股関節・膝関節をまたぐ二関節筋である。全ての筋肉が大腿神経支配となっており、神経系にお […]

中間広筋の概要 中間広筋(Vastus intermedius muscle)は大腿部に付着している筋である。大腿直筋の深層に位置しており、大腿部前面で筋腹を触知することはできない。大腿直筋・内側広筋・外側広筋とともに、大腿四頭筋を構成している。画像は中間広筋の位置であるが、大腿直筋の直下を表してい […]

外側広筋の概要 外側広筋(Vastus lateralis muscle)は大腿部の外側に付着している筋肉である。大腿筋膜張筋の内側にて筋腹を触知することができる。内側広筋・中間広筋・大腿直筋とともに、大腿四頭筋を構成している。大腿筋膜張筋とは隣接しているが、位置的には内側にあるため触知に慣れていな […]

内側広筋の概要 内側広筋(Vastus medialis muscle)は大腿部の内側に付着している筋肉である。筋腹が大きいため表層から容易に触知することができる。大腿直筋・外側広筋・中間広筋とともに、大腿四頭筋を構成している。 内側広筋の起始・停止 / 支配神経 / 運動 内側広筋の起始部・停止部 […]

大腿直筋の概要 大腿直筋(Rectus femoris muscle)は大腿部の前面に付着している二関節筋である。表層にあるため、表面から容易に触知することができる。深層には中間広筋が位置している。外側広筋・内側広筋・中間広筋とともに、大腿四頭筋を構成している筋肉である。   大腿直筋の起 […]