医療学生のためのオンライン医学辞典サービス

大腿四頭筋(Quadriceps muscle) / 概要・起始停止・支配神経・運動

大腿四頭筋の概要

大腿四頭筋は大腿部前面に付着している4つの筋肉を総称した名称である。具体的には「大腿直筋中間広筋内側広筋外側広筋」が大腿四頭筋に該当する。主に膝関節・股関節の動きに関与し、大腿直筋に関しては股関節・膝関節をまたぐ二関節筋である。全ての筋肉が大腿神経支配となっており、神経系における大半の検査でキーマッスルとして扱われる。膝蓋腱を叩くことで膝関節が伸展する膝蓋腱反射も大腿四頭筋(主に大腿直筋)の作用によるものである。

 

大腿四頭筋に属する筋肉

大腿四頭筋に属する筋肉は「大腿直筋中間広筋内側広筋外側広筋」の4つである。概要は以下のとおりである。

大腿直筋

大腿直筋(Rectus femoris muscle)は大腿部の前面に付着している二関節筋である。深層にあるため、表面から容易に触知することはできない。表層には中間広筋が位置している。

中間広筋

中間広筋(Vastus intermedius muscle)は大腿部に付着している筋である。大腿直筋の表層に位置しており、大腿部前面で筋腹を触知することができる。

内側広筋

内側広筋(Vastus medialis muscle)は大腿部の内側に付着している筋肉である。筋腹が大きいため表層から容易に触知することができる。

外側広筋

外側広筋(Vastus lateralis muscle)は大腿部の外側に付着している筋肉である。大腿筋膜張筋の内側にて筋腹を触知することができる。

人気のコンテンツ

筋萎縮性側索硬化症
筋委縮性側索硬化症/ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis)は、運動神経のみの変性が特徴の疾患である。脊髄の側索および前索が主な変性・萎縮箇所であり、病変部位に応じた症状が出現する。(側索には錐体路、前索には下位運動ニューロンが通っている)これらの特徴より、筋萎縮性側索硬化症(ALS)では運動機能の障害は見られるものの、自律神経機能の障害は生じないことが大半である。
下腿切断
下腿切断とは膝関節裂隙以下レベル~足関節レベルまでの間で下肢を切断することを指す。下腿切断においては切断面を下腿三頭筋で覆うことから、伸張されることが原因で高緊張状態になりやすい。そのため、膝関節の屈曲拘縮を合併することが多い。術後早期からの拘縮予防としてリハビリテーションが実施され、装具の適応が検討される。このコラムでは足部義足もあわせて紹介する。
大腿切断
大腿切断は、何らかの原因により膝よりも上部で下肢を切断することである。股関節離断や骨盤離断では予後の活動性に乏しいが、大腿切断に関しては義足の装着によって高い活動性の確保が期待できる。切断部は生理的な緊張を保つような形で縫合が行われ、これにより適度な循環が確保される。加えて、各筋の等尺性収縮が可能になるため、ソケットでの懸垂が容易になる。
大腿切断
大腿切断は、何らかの原因により膝よりも上部で下肢を切断することである。股関節離断や骨盤離断では予後の活動性に乏しいが、大腿切断に関しては義足の装着によって高い活動性の確保が期待できる。切断部は生理的な緊張を保つような形で縫合が行われ、これにより適度な循環が確保される。加えて、各筋の等尺性収縮が可能になるため、ソケットでの懸垂が容易になる。